練習してみるw

2017/12/01

小説化に向けて練習w

懐かしのSPIDER STORYです。

 

 

 

SPIDER STORY

1章 白と黒の再会

 

2011年春のとある時…

静寂で春風の吹くごく平凡な街…

朝、目を擦りながら起きてくると、ポストに1枚の手紙が俺の元に届いていた。

昨日の夜中の、動画閲覧のお陰で眠気MAXの俺は、やや不機嫌にその手紙を開く。

それの内容を見た俺は目覚めた。

「明日、4時15分にSOS工場へ来い。Dilfarts」

…何で4時15分なんだよ。クソ早朝じゃねえか。

大体SOS工場ってどこだよ。誰かが迷って助けを求めているような無人の工場かよ。

…とかつっこみ所満載でどうでもいい事を考えていたが、それよりも俺に心当たりのあったのは手紙の最後に記された名、Dilfartsだった。

それは3年前の…丁度今頃。

俺、エレク(Elek)を含む白軍は、C(C)、ブルー(Blue)、テン(Ten)、フィン(Fin)の5人で形成されていた。

そんな中、偶然、敵である黒軍、ディルファーツ(Dilfarts)、ブラッド(Blood)、ヴァン(Van)、ガン(Gun)、ヴィーツァ(Veatsa)の5人と出会った。

その際、俺たちは対戦。

だが、敵のヴィーツァって奴が凄まじく戦力が高く、俺たちは圧倒的不利に追い込まれた。

その時、彼に一発の弾丸がどこかから命中。ヴィーツァは倒れた。

誰が撃ったのかは分からなかったが、弾丸の飛んできた方向からは蜘蛛のような影が見えたと思う…

その後、やむなく対戦を中止したが、この続きはまた後でやろうと約束を交わした…

そう、手紙の最後の名は、その時の黒軍の1人、ディルファーツだった。

…恐らく、3年前の続き、だろう…

だが、俺たちには新勢力が沢山いる。

俺たちに勝機はあると思った。

…にしても、あの時撃たれたヴィーツァって奴はどうしたのだろうか…

まさか、亡くなってたりはしないだろうな…

それならそれで対戦に関しては好都合だが。

取り敢えず、俺は先に蜘蛛系の仲間である、spiderに相談を求める事にした…

3年越しに対戦…とは…

まさか、向こうにも策があったりしないだろうな…

…いや、あるかもしれぬが…

まぁとにかく先ずは相談する事にしてみよう。

 

はい。

練習終わり!w

気づけばまだ展開が1話直前じゃないかw

…ちょっと評価を頂きたい。

SPSTはストーリー性めちゃめちゃなんだけどw

とりま、練習って事で☆

よろしく!